ストレート過ぎて伝わりにく店名「そば切り」

にほんブログ村 グルメブログへ

先の記事に書いたつけ麺 繁田さんの前の道を西向きに歩いていると。
お蕎麦屋さんが!
石臼挽き手打ち蕎麦 そば切り
ところが暖簾や店の前に置いてある看板(あっ、写真撮り忘れた)を見ても「手打ち蕎麦」とか「そば切り」とか書いてあって、お蕎麦屋だとは分かるのだが……
店名が分からない。
とりあえず、「六甲道 そば切り」でfacebookのページとチラシなどを作ったデザイン事務所のページを発見。
早速、行ってみた。
石臼挽き手打ち蕎麦 そば切り
石臼挽き手打ち蕎麦 そば切り
こちらは出汁巻とぶっかけ蕎麦のセット、1,300円。
出汁巻の変わりに日替わり味ごはんと小鉢、漬物のついたセットも同額。
うーん、蕎麦屋の出汁巻って美味しいよね〜
やっぱ出汁巻ってぐらいで出汁が命。
ぶっかけそばには湯葉と甘辛くたいたお揚げさん。
蕎麦の食感も良く、これは本格的♪
石臼挽き手打ち蕎麦 そば切り
着物妻着物妻はそれがよく分かる、もりそば(900円)。
を大盛り(1枚半)にしてもらって1,300円。
※因みにダブル(2枚)は1,700円
うーん、エッジーで良いですね。
つけ汁は辛めのお江戸風。
このお店、お蕎麦屋さんではわりと珍しい(最近、増えてきてますが)女性店主。
お話を伺ったところ、東京で食べたお蕎麦にハマって東京に行っては何軒も食べ歩きしてて、お蕎麦屋を始めたとのこと。
なので先に書いたつけ汁ほか、江戸前の蕎麦を目指しているそうです。
(うーん、讃岐うどんにハマって香川まで何度も通った僕的にはシンパシ〜)
石臼挽き手打ち蕎麦 そば切り
数少ないネット上の情報にも定休日や営業時間がちゃんと書かれてないので画像をアップ。
夏季と冬季で水・木の営業時間が変わるようです。
って「夏季」と「冬季」の期間がわからないな……今度行ったら確認します (^^;
あと、定休日はなく「不定休」だそうです。
そうそう、最後に「店名」の謎。
店名は……「そば切り」だそうです。
そば切りとはそのまま蕎麦(そば粉で作った生地を切って麺線にしたもの)の事。
ちょっと店名がストレート過ぎて伝わりにくい www
店名:石臼挽き手打ち蕎麦 そば切り
住所:神戸市灘区琵琶町1-5-7
電話:080-3827-1266
営業:[日・月・火] 11:30〜15:00
[水・木・金・土] 11:30〜21:00
※上記は夏季の営業時間。冬季は金・土のみ21:00までの通し営業
定休:不定休

そば切りそば(蕎麦) / 六甲道駅新在家駅大石駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA